お問合せ

スマホ専用ページ
「歯医者大作戦」を見る

診療の紹介

矯正の抜歯、非抜歯

 矯正治療の目的の“ひとつ”は、こういう審美的側貌を作る事にある。 矯正の抜歯、非抜歯の選択が審美におよぼす影響は、絶大である。
(イラストは、口元を敢えて白人系にしてある。日本人は人種的に、上下口唇がE-lineに対し、やや前突が許容される→“ハナの差”なのだ!)

矯正治療には、抜歯、非抜歯と言う、避けて通れない選択がある。
(いわゆる必要十分条件ではないし、そもそも数学的に、キチンと解答がでないのでヤヤこしいのだ)
もちろん非抜歯矯正を心がけているが、やはり抜歯の選択をせざるを得ない事は、ある。さらに、判断の幅が、カミソリの刃一枚のような、ボーダーライン症例も、少なくない。

誰であろうと、体の一部(サイフの中身もだ)を失うのは辛かろうが、合理的根拠はある。

まず、歯並びのガチャガチャが限度を超えればダメである。
3人掛けのイスに、お行儀よく座るためには、4人目には遠慮してもらわなければならないからだが、この他の根拠は、主なものでも10かそこらはある。
その中のひとつでもあり、日本人矯正に、抜歯の頻度が多くなる最大の原因でもあるのだが、日本人には、白人とは違う奥行きのない骨格や、オトガイの引けた(アゴが引っ込んだ)お顔という、人種的特徴を持つヒトが多い事実がある。

レイシストならずとも、欧米の新聞に描かれる日本人の似顔絵には、苦笑しつつも納得する。ただし、こういうお顔は、そもそもブザイクなのだろうか。

ハプスブルク家のカルロスT世、
立派なアゴをされております。
(外科矯正が必要です)

美醜の感覚は、つまるところ個人的センスの問題だし、美男美女の基準も、国や文化や、時代と共に移ろい行くものである。
浮世絵の美男美女を思い浮かべて欲しい、また、中世ヨーロッパのハプスブルグ家など、代々、当主が反対咬合であり、その特有な顔つきが、高貴さの象徴とされた時代もあった。

そんな中、今日び、ファッション雑誌のモデルは、Caucasian(白人)的容貌をもつヒトか、白人男女そのものである。金髪に染めたりしている日本人の若者なども多く、アゴがくっきり突き出た白人的容貌がトレンディなのは否めない。
実際、現代の日本国では、こういう容貌は、社会的に有利である。

藤○ま○とさんや、○海○希さんに、
似ておられます。
(抜歯矯正むきのお顔です)

ミケランジェロのダビデだが、典型的白人顔である。
奥行きのある頭蓋の骨格、鼻が高く、 オトガイは
くっきりと突き出しており、口元が引っ込んでいる。
こういうヒトは非抜歯矯正が可能な事が多い。

つまり、日本人は、弱点である引っ込んだアゴの改善プラス歯並びの改善を必要とするダブルハンディがあり、抜歯矯正が多くなるのだ。(60〜70%が抜歯の適応になるとの統計もある)

抜歯矯正からは、アゴを突き出したような容貌が作りやすく、無理に(と言えるかどうか)非抜歯矯正すると、アゴは更に奥に引っ込み、お顔は長くなって、口元に緊張もでかねないからである。(ケースバイケースである、念のため)
非抜歯矯正に重きを置く先生の中には、こういうお顔が、本来の日本人の美だと称するムキもある。勿論、間違っているとは言えないが、当節、例えば、異性に対するアピ−ルとしてはイマイチのような気がする。

before after
成人/♀CLI Bilabial protrusion with lip strain
Chin およびAnchorage controlのシビアなケース。
Extraction denture control case(抜歯症例)
治療期間2yearsであった。
側貌の良好な改善が認められる。

症例画像


before
 
症例画像
日本人に典型的な両顎前突症例。矯正治療にあたり、オトガイを、時計回りに後方回転させないで、前歯を後方に移動するのがカギである。
after
症例画像
上下4本の第一小臼歯の抜歯を行った。著しいDolico faicial patternのため、可能な限り弱い矯正力の適用、口唇の筋力を利用した前歯の後方移動などのメカニクス上の配慮を行った。

ともあれ、患者の皆さんには、少なからぬ時間とお金をかけた結果が、(抜歯非抜歯はともかく)十分それ(Vogue→流行)に見合うものである治療をお勧めしたい。

童話やおとぎ話の妖精だって、願いを叶える時、必ず条件(大抵、ロクでもないが)をだすのだ。美男美女になれるのなら、例え抜歯も、カエルと結婚させられるよりマシであろう。

【抜歯、非抜歯のボ−ダ−ラインと思われるケ−ス】
before

抜歯、非抜歯のボーダーラインケース。(11ages/♂)
是非とも非抜歯でとの御希望。

症例画像
非抜歯にて対応(なんとかなった)。ハリガネ撤去直後だが、
ブラシングが甘く、歯肉炎ぎみである。
after

before
症例画像
○○君の初診時。上下口唇がやや緊張を伴った前突,年齢を差っ引いてもアゴが引っ込んでいる。
もともとMesio‐Facialだが、口呼吸その他の影響で、お顔の成長がアゴが引っ込む方向に変化しつつある。
症例画像
典型的なガチャ歯、T.A.L.D(歯の幅とドテの幅の不調和)がマイナス9mmだが、
“総合的”に非抜歯のメはある。
after
症例画像
非抜歯治療のためFXは1゜Openした(Holdaway Angle18.゜)。
口唇の前突も残っているが、今後も矯正の範囲で、成長のコントロールは続ける。
お鼻は高くなるであろうし、アゴも立派になってくれると思う。
症例画像
治療期間10ヶ月であった。Standard Edgewiseを用いたが、
時間的にはDamon Systemと遜色ないと思われる。

症例画像
1年後の勇姿。努力は報われる(事もある)。

 

非抜歯矯正という言葉には、蠱惑の響きがある。
抜歯、非抜歯のボーダーラインケースなら、非抜歯治療にサイコロのメを賭けるのは人情である。うまくいけば、まさにハッピ−エンドだが、浮世はそう甘くない。
ならば、うまくいかないと“フンギリ”がついた段階で、はじめて抜歯矯正にシフトするなど、一見、合理的だが、時間その他のロスは無視できない。

 

VCよりかかっていただいた○○さん(♀)、14ages時。
初診時はCLUの臼歯関係であった、第1期治療でCLTにしたが、その後、骨格、習癖など、FXが開大する成長となり、第2期治療において抜歯を勧めたものの、許可は得られなかった。
非抜歯での矯正治療終了時、オトガイが引っ込んだ感じの側貌になった。
同、お口の中。非抜歯で、一応、歯列は整ったが、
下顎前歯が過度に唇側拡大された感じである。
Dolico facialの骨格でもあり、審美性の改善のため、抜歯での再治療を勧め、許可がおりたので、上下第一小臼歯4本を抜歯して、再度、フィニッシュした。
側貌に著明な改善が認められるが、結局、逡巡の期間を含め、2年、余分な時間がかかった。
同、抜歯でのお口の中。
下顎前歯Mchorris angle90゜に改善。




【非抜歯が適当と思われるケ−ス】
before
お鼻より下がプアな印象を受ける。
仮に抜歯矯正にすると、お鼻から下の横顔は、更に陥凹するであろう。(17ages/♀)
症例画像
ガチャガチャ度そのものはー3mmと、たいした事ない。 

after

よりチャーミングなフンイキとなった。

症例画像

初診時の軟組織側貌から非抜歯で対応。


before
症例画像
症例画像

歯列自体のトラブルは、一見、大した事なさそうだが、こういう機能性の歯列不正は奥が深い。
下アゴが時計回りに回転し、開咬ぎみである。

after

症例画像
症例画像

ハリガネは外れたが、これからが本番とも言える。
患者さんの機能障害こそ、矯正治療にとって腐れエンそのものである。
別れろ切れろの縁切り地蔵サン拝んで、ナントカならんものか。



【典型的な成長期の非抜歯矯正】
before

9 ages/♀CLUdiv.2
Brachy facial(習慣性と思われる口呼吸、舌癖あり)

症例画像
いつもニコニコの○○さんである。
長年に渡り、私のオフィスのマスコット的存在でもあった。

after

15ages(治療終了時)
典型的な成長期の、2段階非抜歯治療であった。

症例画像

都合、6年間の矯正にお付き合いいただいたが、
実際にハリガネが入っていた時期は、トータルで2年くらいである。


before
症例画像
症例画像

初診時、成長を利用した2期治療の計画を立てた。 上下顎の拡大により、機能と成長の阻害因子が是正され、永久歯交換までに、CLUの改善と咬合の挙上がなされる事を期待した。

after

症例画像
症例画像

メデタシ、メデタシ



上に戻る↑
地図を拡大する